絵本は内容を教えることが大切なのではなく、母とのスキンシップを取ることができ、情緒を養うことができます。

絵本から得られる多くのもの

絵本から得られる多くのもの

絵本から得られる多くのもの 絵本は何歳から始めたらいいのか疑問を持つお母さんもいることでしょう。赤ちゃんがおなかに宿ってからすでに絵本を購入し、胎教として絵本を読み始める人もいます。母として赤ちゃんへの愛情が深くなり、母になるという自覚が強くなることでしょう。一方、絵本を読むことで赤ちゃんに一体どういう効果があるのでしょうか。赤ちゃんはおなかの中でも外界の音が聞こえます。お母さんの声を聞いて、外界とのつながりを感じているかもしれません。

母はその物語を単調に読むのではなく感情を込めて読むことによって、子供はこういう状態ではこういう心持ちになるんだということを学び、情緒を養うことができます。絵本を読むとき絵を見せるために母は子供を膝の上に乗せて読みます。母と子供のスキンシップの場となるのです。また、日常触れることのない言葉も絵本にはたくさん出てくるので、言葉の力を伸ばすことができます。言葉に興味を持ち、教えなくても読むことができるようになることもあります。

胎児でも乳児にでもぜひ絵本を読んであげてほしいと思います。お母さんとの時間を共有し、多くの言葉を聞くことで将来の子供の教育にいい影響を及ぼすことでしょう。すでに大きくなった児童にでも是非、読み聞かせを始めてみてください。


Copyright(c) 2014 絵本から得られる多くのもの All Rights Reserved.